球団承認阪神タイガース検定

トップページOBコラム > 亀山努「好きだった選手」

コラム

コラム亀山努

好きだった選手

僕が野球を始めたのは、草野球をやっていた親父の影響ですね。
小さいときから親父の草野球についていってて、
気づいたらボールが遊び道具みたいな感じになってましたね。
最初に野球を教えてくれたのも親父なんですが、
僕が右投げ左打ちになった原因も親父にあるんです。
「親父が右投げ左打ちだった」ってそんな簡単な理由じゃないですよ。
左バッターボックスの方が一塁に近くてセーフになりやすいからって理由でもないですよ。
僕は元々右利きで、親父も右利きで普通に右投げ右打ちなんで、
最初は右投げ右打ちで野球を覚えていったんです。それはごく自然なことなんですが、
一つだけおかしなことが起きてしまったんです。
皆さんは僕に双子の弟がいるのをご存知と思いますが、
実は弟は左利きなんです。その弟までもが自然と右打ちになってしまったんです。
そこで親父はこう考えたんです。「左投げ右打ちはおかしいから、直さなアカン」って。
ということで弟に左打ちを教えだしたら、今度は僕がそれを真似して左打ちになってしまった。
そこで親父今度はこう考えたんです。「まぁ、右投げ左打ちは放っておいていいだろ」って
それで結局そのまま右投げ左打ちですよ(笑)。それから右では全く打てないですねぇ。
ちなみに、その頃は広島(当時)の高橋慶彦選手の大ファンで、
阪神で一緒にプレーできたのは嬉しかったですね。プロに入ってからも目標にしてましたから。

亀山つとむ氏が少年時代好きだった選手は?

  • 高橋慶彦
  • 福本豊
  • 王貞治
  • 田淵幸一

正解を見る

正解:1. 高橋慶彦

ページの先頭へ

日めくりタイガース

06/28(1916)
呉昌征 元選手生まれる
台湾出身。1944年タイガース入団。20試合で19盗塁を決めタイトルを獲得した。外野からのバックホームは常に惚れ惚れするようなストライクで、投手が不足していた1946年には、27試合に登板してチーム最多の14勝。6月16日のセネタース戦ではノーヒットノーランも達成した。1995年野球殿堂入り。

阪神タイガース検定事務局

阪神タイガース検定Twitter 阪神タイガース検定事務局toratorakentei
  • けんていDo!