球団承認阪神タイガース検定

トップページOBコラム > 湯舟敏郎「スタートは“バッピ”」

コラム

コラム湯舟敏郎

スタートは“バッピ”

本格的に投手一本でやるようになったのは大学に入ってからなんですよ。
高校までは主に外野やりながらバッティングピッチャーをやるって感じでした。
きっかけは1年の時の夏の大会なんですが、次の相手投手が左だということで、
その対策にバッティング練習しますよね。
その時に左って数が少ないので投げてみろってことで
投げてみたらなんとなくストライク入ったんで、
それからバッティングピッチャーもやるようになりましたね。
たまにですけど試合でも投げてましたよ。
ある練習試合で上級生も同級生も(投手が)いない中で
「お前投げてみろ」と言われたのが最初でしたね。
そのときも打たれたけど、ストライクは入ってたんですよ。
ストライクがあまりにも入らなくて、打撃投手をしていなかったら、
投手としてはなかったんじゃないかなと。社会人にも行ってなかったでしょうね。
(大学では?)奈良産業大学の2期生でした。
当時はリーグのレベルもそれほど高くはなかったと思いますね。
どちらかというと勉強をがんばっている感じのチームが多かったですよ。
大学の時に日米の選抜に入って、社会人でも全日本のチーム選ばれたんですが、
全日本に行く度にボコボコにされてましたね(苦笑)。
最終的にチームに貢献することができなくて、
バット引きをやっていたんです。
主力選手に「もっとバット早く引け」と言われたときは
さすがにちょっとカチンと来ましたけどね(笑)

湯舟敏郎氏の大学の後輩で、
タイガースから08年ドラフト1位で指名を受けたのは?

  • 安藤優也
  • 岩田稔
  • 蕭一傑
  • 杉山直久

正解を見る

正解:3. 蕭一傑

ページの先頭へ

日めくりタイガース

06/28(1916)
呉昌征 元選手生まれる
台湾出身。1944年タイガース入団。20試合で19盗塁を決めタイトルを獲得した。外野からのバックホームは常に惚れ惚れするようなストライクで、投手が不足していた1946年には、27試合に登板してチーム最多の14勝。6月16日のセネタース戦ではノーヒットノーランも達成した。1995年野球殿堂入り。

阪神タイガース検定事務局

阪神タイガース検定Twitter 阪神タイガース検定事務局toratorakentei
  • けんていDo!